ネズミを発見したら早めの駆除を

古い木造家屋にはネズミが棲みつくことがあります。

駆除をせずにそのまま放置することで様々な場所で悪い影響が出ます。
その害の代表的なものは、人体に害のある細菌を運ぶことです。



直接噛まれることで病気になることがありますし、フンや寄生虫が人体に入る可能性もあります。
ゴキブリと同じように、住人の健康に被害を及ぼしかねません。



また、木材や食品を齧ることが多く、住宅の中心の柱が噛まれることで家の耐久性が弱くなります。

食品を少しでも食べられてしまうと、衛生面からその食材を全て捨てなければなりません。

安心、信頼のReuters関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

ネズミは電気の線も恐れることなく?みちぎります。

漏電による火事の原因になったり、電話線を切断されるとある日突然電話やインターネットが使えなくなることもあります。
家に棲みつくネズミには体長が20センチを超える大型のものもおり、噛まれることでケガをします。

このように、必要な駆除をしないことは住む人にとって大きなリスクになります。ネズミの駆除を業者に依頼すると、まず通り道となっている場所に粘着シートが設置されます。
これでも多くのネズミが捕獲されますが、その後家の壁に空いた小さな穴など、家への侵入経路になる箇所を塞ぎます。家庭や一般の人は捕獲用のワナや殺鼠剤を使うことが多いですが、業者ではあまり使用しません。


効率的な駆除を行うためにも、死骸や実際に見たときは、早急に業者に駆除を依頼するのが賢い方法です。費用は10万円ほどで請け負う業者が多いです。